プーアル茶 痩せる 効果

プーアル茶の痩せる効果とおすすめ商品はどれ?

痩せる効果の高いお茶といえばプーアル茶ですよね。かび臭いといわれるプーアル茶ですが、飲みやすく改良されている商品もあります。毎日続けるためには美味しいプーアル茶を選びたいですね。

ティーライフ ダイエットプーアール茶の特徴
かび臭さを押さえて飲みやすくし品質管理もちゃんと行われているプーアール茶です。ダイエット体験談では、半年でマイナス10kg、産後マイナス12kgなども写真付きで紹介されています。
価格 970
評価 評価5
備考 30日間返金保証付き
メタボメ茶の特徴
どうしてもプーアル茶が臭くて飲めない!という匂いに敏感な方におすすめなのが、1位のプーアル茶をメインに使用し黒豆茶、ウーロン茶などをブレンドしたメタボメ茶。香ばしい匂いでさらに飲みやすくなっています。
価格 970
評価 評価4.5
備考

 

プーアル茶はどうやって飲むのが効果的に痩せれる?

 

 

ダイエットはしたくても余計な努力も我慢もしたくない、生活習慣病になりそうで怖い、そんな時に役立つのが健康茶ですよね。健康茶と呼ばれるお茶は数多くありますが、なかでもプーアル茶は脂肪の排出を目的とするかたに好まれています。

 

体に脂肪が付きにくくなる、食事の脂質の吸収量が減ることから、飲めば飲むだけ痩せられるのではないかと期待してしまいますね!

 

しかし、一日に飲める量には限度がありますし、どんどん飲めばその分速攻で痩せるという簡単な仕組みではないようです。プーアル茶にも効果的な飲み方はあるのでしょうか。

 

プーアル茶はどうやって飲むのが効果的?

 

ダイエット茶で有名なプーアル茶は、茶葉を発酵させたことにより、重合型ポリフェノールの含有量が高くなります。重合型ポリフェノールには、脂質を体内へ吸収するのを防ぐ作用があります。

 

また、消化酵素群のリパーゼの働きを抑える作用があるため、余分なエネルギーを吸収しにくくなり、エネルギー過多による脂肪の増殖を防ぐ作用があります。

 

また、茶カテキンには食後の血糖値の急激な変化をさせにくくする性質があり、インスリンの大量分泌を抑えることで、消費出来る血液中のブドウ糖の量が増え、余剰なエネルギーが残りにくく、体脂肪になりにくくなります。

 

つまり、プーアル茶は脂質や糖質の摂取のある、食事時に飲む必要があるんですね。成分的な効能としては、ホットでもアイスでも変わりはありませんので、毎食ごとに飲みやすい方で飲むようにしましょう。代謝の悪い方や冷え性の方は、内臓を冷やさないように、常温かホットでの飲用がオススメです。

 

お茶なんだから、いくら飲んでも大丈夫?

 

プーアル茶は糖質、脂質、カロリーを気にせずに飲めるので、空腹感を紛らわせるのにも丁度良いと思いますよね。でも、プーアル茶も飲み過ぎると体に悪い影響を与える事もあるんですよ。

 

プーアル茶は茶の葉を原料とした発酵茶です。発酵過程でコウジカビを加えてあるため、茶か麹アレルギーの方は、アレルギー症状を起こす恐れがあります。

 

緑茶やコーヒー、ココア程の濃度はないものの、プーアル茶にもカフェインが含まれています。カフェイン耐性の低い方は、不眠症状、下痢、胃痛、イライラ感を起こす可能性があります。

 

カフェインには胃液の分泌量を増やす作用があるため、胃腸の弱い方や空腹時の飲用は、胃痛の原因となることがあります。また、血圧を上昇させる作用もあるため、高血圧の方は飲み過ぎに注意しましょう。

 

ちょっと気になる微量成分

 

プーアル茶特有の副作用という訳ではありませんが、積み重なると気になる成分もあるんです。産地や使われている肥料によって数値は変化するものですが、原料となる茶の葉には、微量ですがシュウ酸が含まれています。

 

シュウ酸が腎臓でカルシウムと結合すると、尿路結石を起こしやすくなります。腎臓でのシュウ酸とカルシウムの結合を阻止するためには、腎臓に届く前にシュウ酸カルシウムにしてしまえば良いだけです。

 

プーアル茶を飲む時にはカルシウムを含む乳製品や小魚を摂り、先にカルシウムと結合させてしまいましょう。結石を大きくさせないためには、クエン酸の摂取も効果的ですので、クエン酸を多く含むレモンやローズヒップを加えるという手もありますよ。

 

低品質なお茶では、雑菌によるカビの発生や、PM2.5の除去不全も気になりますね。安全管理基準をクリアした工場や、検査結果を公表している、信頼できるメーカーの品を選ぶようにしましょう。

 

プーアル茶で上手にダイエットするには

 

健康茶なのになんとなく体の調子が悪くなった気がする、飲んでるのに全然効果が実感出来ない、それは飲み方に問題があるのかも知れませんよ。

 

  • 不眠症状
  • 胃腸機能の不具合
  • イライラ感

 

これらはカフェインの過剰摂取で起こりやすい症状ですので、飲む量を減らしたり、夜間の飲用は控えるようにしましょう。

 

  • 尿路結石
  • イライラ感

 

シュウ酸に体内のカルシウムが奪われて起こる現象ですので、飲用時にカルシウムを同時に補うようにしましょう。

 

  • 味や香りが苦手

 

上質なものは豊かな香りと深みのある味ですが、好みのものが見つからない時には、ミルク、玄米茶、ドライフルーツを混ぜると飲みやすくなりますよ。

 

プーアル茶は食事で摂取した脂質の吸収を抑えつつ、血糖値の急上昇を防ぎ、体脂肪を付きにくくする健康茶です。大量に飲んだからと言って効果が倍増するようなものではありませんので、適量を守り、無理なくダイエットを目指しましょう。

 

⇒ 痩せる効果の高いプーアル茶はこちら

 

プーアール茶に副作用はない?

 

 

プーアール茶はカテキンが含まれているので抗酸化作用が働いて肌老化の進行を抑えてくれると言われています。またカテキンは基礎代謝を上げる作用もあるので脂肪を燃焼しやすくしたり吸収しにくくしたりするので太りにくい体質にしていく事も可能です。

 

このように美容やダイエットを目的としてプーアール茶を飲み続けている人が増えてきていますが、過剰に飲み過ぎてしまうと副作用によって体に支障が出てきてしまう可能性があります。そこでプーアール茶の副作用の症状について見ていく事にしましょう。

 

トイレが近くなる頻尿

プーアール茶にはカフェインが含まれていて利尿作用が働く事があります。プーアール茶を適量だけ飲み続けていればそれほど問題ないのですが、過剰に飲み続けてしまうとカフェインの摂取量が多くなってしまい利尿作用が頻繁に働くようになってしまいます。

 

利尿作用が頻繁に働くようになると次第に頻尿の症状が出やすくなりトイレに行く回数が増えてきてしまいます。また頻尿が続いてしまうと前立腺や膀胱などに疾患が出来てしまう可能性もあるので注意しなければいけません。

 

睡眠障害

プーアール茶に含まれているカフェインは眠気を覚ます効果があるので過剰に摂取すると質の良い睡眠が取れなくなってしまう事があります。

 

特に就寝前にプーアール茶を飲んでしまうと寝る時にカフェインの作用が働いてしまうので睡眠障害を引き起こしてしまう可能性があります。睡眠障害になってしまうと疲労が取れなくなったり肌や髪の毛にも悪影響を及ぼしてしまうので体にも支障が出てきてしまいます。特に就寝前にプーアール茶を飲むのは止めた方がいいでしょう。

 

胃が荒れる

プーアール茶に含まれるカフェインは胃酸を分泌させる作用があるのでプーアール茶を過剰に飲み続けてカフェインの摂取量が多くなってしまうと胃が荒れてしまう可能性があります。

 

特に空腹時にプーアール茶を過剰に飲み続けてカフェインの摂取量が多くなってしまうと胃の粘膜が炎症を起こしてしまい痛みが発生する事もあります。また胃潰瘍など胃の疾患にも繋がってしまうので特に空腹時にプーアール茶を過剰に飲み続けるのは止めた方がいいでしょう。

 

貧血

プーアール茶に含まれているカフェインは鉄分の吸収を阻害するので過剰に飲み続けていると貧血になってしまう事があります。特に食後に飲んでしまうと体に必要な鉄分の吸収を阻害しやすくなってしまうので注意が必要です。

 

普段から貧血気味の人はプーアール茶を過剰に飲み続けると貧血の症状が出る危険性が高いので注意しなければいけないでしょう。

 

尿管結石になる可能性も

 

普通に飲む量では問題ないですが、プーアール茶にはシュウ酸が含まれていて体内のカルシウムと結合しやすいと言われています。シュウ酸がカルシウムと結合すると結石になってしまう事があるので尿管結石を引き起こしてしまう事があります。

 

特にプーアール茶を過剰に飲み続けてシュウ酸を多く摂取してしまうと結石になって尿管結石を引き起こす可能性も高くなるので注意が必要です。

 

プーアール茶は美容やダイエットの効果が期待出来ますが、飲みすぎるといろいろな副作用が出てしまう可能性もあるので正しい方法で飲み続ける事を心掛けるようにしましょう。

 

⇒ 痩せる効果の高いプーアル茶はこちら

 

妊婦、妊娠中にはプーアール茶って飲んでいいの?

 

 

ダイエットで利用されることの多いプーアール茶。妊婦はプーアール茶を飲んでいいのでしょうか?答えは“YES”です。ただし、「飲む量や濃さを調整しながら」という条件が付きます。プーアール茶は、ダイエット効果が期待できるお茶として、多くの人に知られています。

 

妊娠中や産後は、どうしても体重が増えてしまうので、プーアール茶でのダイエットを考えている人もいるでしょう。この記事では、妊婦がプーアール茶を飲むときの注意点や、効果、効能、副作用について解説していきます。

 

プーアール茶の効果・効能をみると・・・

中国茶であるプーアール茶は、黒麹菌で後発酵させて作られているので、黒茶に分類されています。しかし、元々は緑茶なので、日本人に馴染の深いカテキンが含まれています。

 

プーアール茶には、日本人が飲んでいる一般的な緑茶には含まれていない重合型カテキンとリパーゼ酵素を豊富に含んでいるのが特徴です。

 

重合型カテキンは、腸による脂肪や糖分の吸収を抑制する働きがカテキンより強くなっており、リパーゼ酵素は脂肪を分離する働きがあるので、ダイエットに効果的な成分として知られるようになりました。

 

重合型カテキンとリパーゼ酵素は、生活習慣病や肥満の改善・防止にも効果が見込めます。また、腸の働きを活発にして腸内環境を整えてくれるので、便秘解消にも効果が期待できます。

 

そのほかにも、むくみ解消、デトックス効果、老化防止、免疫力アップ、血流促進、肌荒れ予防など、女性には嬉しいたくさんの美容効果が期待できます。

 

プーアール茶は妊婦が飲んでも大丈夫♪

ダイエットや美容効果が期待できるプーアール茶ですが、ほかのお茶と同じようにカフェインを含んでいるので、妊婦さんや授乳中の女性が飲む際には、少し気をつける必要があります。妊娠中や産後は、どうしても体重が増えてしまうので、体型を気にする女性は多いものです。

 

しかし、赤ちゃんのことを考えると、カフェインはあまり摂取しない方がいいとされています。とはいえ、赤ちゃんのことを考えて過剰摂取しなければ問題ありません。

 

妊娠中にカフェインを過剰摂取した場合、カフェインは胎盤を通りやすいため、未発達な赤ちゃんの肝臓に負担をかけてしまいます。また、流産や早産になる可能性を高めてしまうこともあります。

 

プーアール茶にはカフェインが含まれていますが、含有量は緑茶の半分ほどなので、飲む量や濃さを調整しながらであれば、妊婦さんが飲んでも基本的には問題ありません。

 

ただし、カフェインの摂取に関して医師に注意するように言われている場合は、医師と相談のうえで決めるようにしてください。

 

妊娠中、産後の貧血には?

妊娠中や産後は、たくさんの鉄分を必要とします。鉄分が不足しているため、貧血に悩まされる人もたくさんいます。カテキンには、鉄分の吸収を邪魔する作用があるので、上記のことを考慮したうえで飲むようにしてください。

 

妊婦さんがプーアール茶を飲んだことで、大きな副作用があったという報告はされていないので、安全性は高いといえます。

 

しかし、飲み過ぎるとお腹を壊してしまう場合もあるので、適度に飲むようにしてください。プーアール茶の生茶なら1日5杯以下、熟茶なら7杯以下を目安に飲むといいでしょう。

 

⇒ 痩せる効果の高いプーアル茶はこちら

 

プーアール茶とウーロン茶の違い?同じお茶じゃないの?

 

 

プーアール茶は健康によいお茶としてよく知られています。ですが、ウーロン茶や緑茶ほど一般的に飲まれているお茶ではありません。そのため、効能についてもあまり知らない人が多いことでしょう。ここでは、プーアール茶とウーロン茶を比較しつつ、その効能について解説します。

 

プーアール茶とは

実はプーアール茶もウーロン茶も、茶葉自体は緑茶と同じものです。どちらも茶葉に一手間加えることで、性質が変化して生まれます。茶葉に含まれる酵素によって茶葉を酸化させるとウーロン茶に、黒麹菌という微生物の力を借りて発酵させるとプーアール茶になります。そのため、元は同じものでありながら、風味や効能が大きく違ってくるのです。

 

脂肪の吸収を抑える効果はプーアール茶が上

プーアール茶もウーロン茶も、ダイエット目的で飲まれることが多いお茶です。どちらも、脂肪の吸収を抑える効果を持っています。その働きをしているのが重合カテキンという物質です。

 

カテキンは緑茶に含まれていることで有名な物質ですが、当然プーアール茶やウーロン茶にも含まれます。重合カテキンは読んで字のごとく、カテキン同士が分子結合したものです。これが体内での脂肪の分解を阻害するので、脂肪は吸収されずに体の外へ出ていってしまうわけです。

 

重合カテキンはウーロン茶にも含まれていますが、プーアール茶にはウーロン茶の100倍以上も入っています。ダイエットのためであれば、プーアール茶を食後に一杯飲むのが効果的です。

 

ただ、プーアール茶はウーロン茶に比べると手に入りにくい傾向にあります。コンビニなどではウーロン茶の方が入手しやすいでしょう。どこでも飲みたい人は、自宅で大量に作って水筒で持ち歩きましょう。

 

深みのプーアール、スッキリのウーロン

忘れてはならないのはお茶の味です。飲み物なのですから、栄養面だけに注目するわけにはいきません。発酵食品であるプーアール茶は、芳醇で深いコクがあります。多少癖があるため、かび臭いと感じる人もいますが、これも発酵のためです。チーズやワインと同じということですね。

 

食後の一服として、ゆっくり味わっていただくのがよいでしょう。長年発酵させたビンテージものも存在するので、いろいろ飲み比べてみるのも一興です。

 

一方でウーロン茶は、すっきりとして飲みやすいのが特徴です。揚げ物や中華料理など、脂っこい食事と一緒に飲むのがベストでしょう。日本で流通しているのは安価なものが多いのですが、高級品は実に香り高く、それでいてまったくしつこくありません。プーアール茶のコクとはまた違った味わいが楽しめます。

 

ただし、どちらにしてもカフェインが含まれていることに注意が必要です。水代わりにごくごく飲むのは控えるべきです。ウーロン茶はすっきりしている分、量を過ごしがちです。特に乳幼児や妊婦の方は飲み過ぎないようにしましょう。なお、元となった緑茶に比べればカフェインは減少しています。同じ量で比較するならむしろ緑茶より安全な飲み物です。

 

プーアール茶とウーロン茶は、まさに兄弟のような関係といえます。どちらも健康にはよい飲み物なので、自分の体質や好みと相談し、目的別に飲み分けましょう。あくまでも健康食品ですから、飲んでいるだけで急激に体重が減ったり、病気が治るようなことはありません。日々の習慣として、楽しみつつ飲めるようにするのが理想です。

 

page top