プーアール茶は健康によいお茶としてよく知られています。ですが、ウーロン茶や緑茶ほど一般的に飲まれているお茶ではありません。そのため、効能についてもあまり知らない人が多いことでしょう。ここでは、プーアール茶とウーロン茶を比較しつつ、その効能について解説します。

プーアール茶とは

実はプーアール茶もウーロン茶も、茶葉自体は緑茶と同じものです。どちらも茶葉に一手間加えることで、性質が変化して生まれます。茶葉に含まれる酵素によって茶葉を酸化させるとウーロン茶に、黒麹菌という微生物の力を借りて発酵させるとプーアール茶になります。そのため、元は同じものでありながら、風味や効能が大きく違ってくるのです。

脂肪の吸収を抑える効果はプーアール茶が上

プーアール茶もウーロン茶も、ダイエット目的で飲まれることが多いお茶です。どちらも、脂肪の吸収を抑える効果を持っています。その働きをしているのが重合カテキンという物質です。カテキンは緑茶に含まれていることで有名な物質ですが、当然プーアール茶やウーロン茶にも含まれます。重合カテキンは読んで字のごとく、カテキン同士が分子結合したものです。これが体内での脂肪の分解を阻害するので、脂肪は吸収されずに体の外へ出ていってしまうわけです。

重合カテキンはウーロン茶にも含まれていますが、プーアール茶にはウーロン茶の100倍以上も入っています。ダイエットのためであれば、プーアール茶を食後に一杯飲むのが効果的です。ただ、プーアール茶はウーロン茶に比べると手に入りにくい傾向にあります。コンビニなどではウーロン茶の方が入手しやすいでしょう。どこでも飲みたい人は、自宅で大量に作って水筒で持ち歩きましょう。

深みのプーアール、スッキリのウーロン

忘れてはならないのはお茶の味です。飲み物なのですから、栄養面だけに注目するわけにはいきません。発酵食品であるプーアール茶は、芳醇で深いコクがあります。多少癖があるため、かび臭いと感じる人もいますが、これも発酵のためです。チーズやワインと同じということですね。食後の一服として、ゆっくり味わっていただくのがよいでしょう。長年発酵させたビンテージものも存在するので、いろいろ飲み比べてみるのも一興です。

一方でウーロン茶は、すっきりとして飲みやすいのが特徴です。揚げ物や中華料理など、脂っこい食事と一緒に飲むのがベストでしょう。日本で流通しているのは安価なものが多いのですが、高級品は実に香り高く、それでいてまったくしつこくありません。プーアール茶のコクとはまた違った味わいが楽しめます。

ただし、どちらにしてもカフェインが含まれていることに注意が必要です。水代わりにごくごく飲むのは控えるべきです。ウーロン茶はすっきりしている分、量を過ごしがちです。特に乳幼児や妊婦の方は飲み過ぎないようにしましょう。なお、元となった緑茶に比べればカフェインは減少しています。同じ量で比較するならむしろ緑茶より安全な飲み物です。

プーアール茶とウーロン茶は、まさに兄弟のような関係といえます。どちらも健康にはよい飲み物なので、自分の体質や好みと相談し、目的別に飲み分けましょう。あくまでも健康食品ですから、飲んでいるだけで急激に体重が減ったり、病気が治るようなことはありません。日々の習慣として、楽しみつつ飲めるようにするのが理想です。