プーアール茶はカテキンが含まれているので抗酸化作用が働いて肌老化の進行を抑えてくれると言われています。またカテキンは基礎代謝を上げる作用もあるので脂肪を燃焼しやすくしたり吸収しにくくしたりするので太りにくい体質にしていく事も可能です。

このように美容やダイエットを目的としてプーアール茶を飲み続けている人が増えてきていますが、過剰に飲み過ぎてしまうと副作用によって体に支障が出てきてしまう可能性があります。そこでプーアール茶の副作用の症状について見ていく事にしましょう。

トイレが近くなる頻尿

プーアール茶にはカフェインが含まれていて利尿作用が働く事があります。プーアール茶を適量だけ飲み続けていればそれほど問題ないのですが、過剰に飲み続けてしまうとカフェインの摂取量が多くなってしまい利尿作用が頻繁に働くようになってしまいます。

利尿作用が頻繁に働くようになると次第に頻尿の症状が出やすくなりトイレに行く回数が増えてきてしまいます。また頻尿が続いてしまうと前立腺や膀胱などに疾患が出来てしまう可能性もあるので注意しなければいけません。

睡眠障害

プーアール茶に含まれているカフェインは眠気を覚ます効果があるので過剰に摂取すると質の良い睡眠が取れなくなってしまう事があります。

特に就寝前にプーアール茶を飲んでしまうと寝る時にカフェインの作用が働いてしまうので睡眠障害を引き起こしてしまう可能性があります。睡眠障害になってしまうと疲労が取れなくなったり肌や髪の毛にも悪影響を及ぼしてしまうので体にも支障が出てきてしまいます。特に就寝前にプーアール茶を飲むのは止めた方がいいでしょう。

胃が荒れる

プーアール茶に含まれるカフェインは胃酸を分泌させる作用があるのでプーアール茶を過剰に飲み続けてカフェインの摂取量が多くなってしまうと胃が荒れてしまう可能性があります。

特に空腹時にプーアール茶を過剰に飲み続けてカフェインの摂取量が多くなってしまうと胃の粘膜が炎症を起こしてしまい痛みが発生する事もあります。また胃潰瘍など胃の疾患にも繋がってしまうので特に空腹時にプーアール茶を過剰に飲み続けるのは止めた方がいいでしょう。

貧血

プーアール茶に含まれているカフェインは鉄分の吸収を阻害するので過剰に飲み続けていると貧血になってしまう事があります。特に食後に飲んでしまうと体に必要な鉄分の吸収を阻害しやすくなってしまうので注意が必要です。

普段から貧血気味の人はプーアール茶を過剰に飲み続けると貧血の症状が出る危険性が高いので注意しなければいけないでしょう。

尿管結石になる可能性も

プーアール茶にはシュウ酸が含まれていて体内のカルシウムと結合しやすいと言われています。シュウ酸がカルシウムと結合すると結石になってしまう事があるので尿管結石を引き起こしてしまう事があります。

特にプーアール茶を過剰に飲み続けてシュウ酸を多く摂取してしまうと結石になって尿管結石を引き起こす可能性も高くなるので注意が必要です。

プーアール茶は美容やダイエットの効果が期待出来ますが、このようにいろいろな副作用が出てしまう可能性があるので正しい方法で飲み続ける事を心掛けるようにしましょう。